季節の変わり目には、心を入れ替えようとついつい新調したくなるスーツ。もう最近だとZOZOのオーダースーツや、UNIQLOのセミオーダーなど、オーダースーツもみなさんの身近なものになってきています。

でも、まだオンラインだけでオーダースーツってなんか怖いし、もうちょっとこだわってオーダースーツを作りたい!
とは言え、10万円も20万円も出せないし、、、
という方に大人気のオーダースーツ。それこそがみなさんもご存知の【オーダースーツSADA佐田】
です。

 

 

・なんか名前は聞いたことあるけど、そんなにいいのかな?




【オーダースーツSADA(佐田)】でオーダーしたことはあるけど、もう少しうまく作れるポイントを知りたい

というそこのあなたには、ぜひ読んでいただきたい記事です。

 

※高品質のオーダースーツを購入するための選ぶポイントを知りたいならこちらの記事を読んでください!

高品質のオーダースーツを購入するための選ぶポイント





【オーダースーツSADA(佐田)】では、豊富な生地・天然/人工様々なボタン・シンプルなものから派手なものまで選べる裏地などなど、細かなオプションまで選ぶことができます。

しかも!

ウェブサイト上でのシミュレーターを使って、デザインを確認しながら選ぶこともでき、
自分のサイズがわかる人もしくは自宅で自分のサイズを測定できる方は店舗に行かずとも、自分の好みのオーダースーツをオンラインで完結できるというメリットもあります。



とはいえ、自分のサイズがわかる方なんてなかなかいないですし、自宅で自分のサイズを測るにしても

「そんな正確に測定できる自信もないし。。。」
「なんか面倒くさいし」

という方も多いですよね。

なので、僕のおすすめは1着目は【オーダースーツSADA(佐田)】
の店舗に行って、プロの方にすべて測定してもらい、2着目からはその測定してもらったデータを使ってオンラインでオーダーするというのがおすすめです!



そのためにも、1着目のオーダースーツをいかに自分が満足するように作れるかが重要ですよね。



まずはオーダースーツSADA(佐田)では、どのような流れでオーダースーツを作るのか、そしてその時の僕のおすすめをお伝えします。







オーダースーツづくり①:まずは生地選び


スーツでの印象を最も左右するのは、言わずもがな「生地」です。

店舗にはこちらのように様々な生地が置かれています。
ただ、正直店舗で生地が並べられていたところで、どういう生地がいいのか、

イメージもわからず選べない。。。

そうなってしまうのが、現実です。

なので、ぜひポイントは店舗に行く前にこういう生地がいい!というイメージを持った方がいいです。

そのイメージを作るためにおススメなのは、Pinterest。



Facebookでログインし、”スーツ”で検索すると様々な画像が出てきます。
外国人のモデルさんが多いですが、みなさんめちゃくちゃかっこいいスーツを着ているので、
すごく参考になるでしょう。



また、スーツの所持を5着以内にしようと考えている方は、
ベージュやグリーンなどはあまりお勧めしません。



また、あまりにラインが太いストライプ柄はビジネスシーンで使いづらくなるので避けた方がいいでしょう。



もし、どうしてもイメージが湧きづらい場合は店員さんに”利用シーン”、”好みのタイプ”を伝えて、
おすすめを聞くのも一つの手です。



こういうことができるのが、店舗に行くメリットでもありますよね。



生地の種類は、



・無地:

スーツの定番カラーである無地。ビジネススーツの定番として知られていますが、濃淡によって、印象が全く異なります。僕の中では、無地が最も奥が深い種類だと思っています。



・チョークストライプ:

これは、まるでチョークで線を引いたようなデザインで太目の線が特徴的です。落ち着いた印象を与えることができ、紳士的な印象を与えることができますので、絶対にもっておきたい生地の1つです。



・ピンストライプ:

チョークストライプよりも細い線が引かれているデザインです。ストライプとストライプの幅、色によっても大きく印象が異なりますが、信頼感のある着こなしを演出してくれます。こちらも定番。

・チェック:

縦横の縞模様で構成されたデザインで、組み合わせる模様によって大きく印象が異なるのが特徴的です。

カジュアルな印象を与えがちですので、プレゼンテーションの場などには僕は避けるデザインですね。少し夜に会食があって打ち解けたい際にぜひ着ていきたいデザインです。






オーダースーツづくり②:自分の身体のサイズを計測する


オーダースーツの価値は、あなたの身体にぴったりフィットした”サイズ感”ですよね。

しかも、【オーダースーツSADA(佐田)】
では、よくあるS,M,Lなどのパターンでのサイズではなく、肩幅や着丈、腕周りといった、様々な部位のサイズを1mm単位で計測し、一番自分の身体にあったサイズに仕上げてくれるんです。

なんと項目は

身長、肩幅、オーバーバスト、胸囲、中胴、着丈、袖丈、ウエスト、首回りサイズ、

と9項目にもなります!




ちなみにこれらの計測を数mm単位で正しくするためには、着ていく服を少し気にした方がいいです。

それは、”あまりゆったりとした服にしない”こと。

ゆったりしていて、分厚い生地の服を着ていると、やはりプロでも少しの
誤差が出来てしまいます。

特にパンツ。これはジーンズは禁物です。厚みがあるので、誤差が出やすくなってしまいます。

というわけで、自分の中で、今一番フィットしているスーツや服を着ていくのが無難ですね。
僕はいつも過去にオーダーした服を着ていきます。
そうすると、このスーツよりも少しぴったりと。みたいなことが言えるので。





オーダースーツづくり③:ジャケットの細かい仕様を決める


【オーダースーツ佐田】
は、自社の工場でのマシーンメイドのフルオーダーと言っていますが、結局のところは自分の体形に一番近いものから袖丈や肩幅などを微調整していくパターンオーダーというものです。

とはいえ、パターンオーダーかフルオーダーかを分かる方はほとんどいません。
なので、安価に作りたい方は必ずや満足できるオーダーができるというわけですね。



そのパターンオーダーの中でも、様々な細かい仕様を選ぶことが可能です。
細かくどのような項目があって、僕のおすすめが何か書いていきましょう!



スーツの形状:


ダブルスーツ、3つボタン、2つボタンなど。僕のおすすめはシングルで3つボタンの中掛けです。しっかりした印象を与え、一流感を醸し出します。

30代の経営者であれば大半がこの形を選んでいるように感じます。20代で若い印象を与えたいなら2つボタンでもいいかもしれません。



襟(ラペル)の形:


ノッチドラペル、ピークドラペルなど。ビジネスのスタンダードはノッチドラペルですね。パーティなどドレッシーなイメージを与えるシーンで着たいスーツを仕立てるならピークドラペルがおすすめですね。



ベント:

ノーベント、センターベント、サイドベンツがあります。先ほどのスーツの形状で、シングルで3つボタンにした方はサイドベンツがおすすめです。2ボタンだとセンターベントですね。また、ノーベントは基本的に冠婚葬祭などに着るフォーマルスーツ(礼服)に該当しますので、ノーベントはフォーマル(礼服)と考えていて問題ありません。



腰ポケット:


標準、斜め、標準チェンジ(2つ)、斜めチェンジ(2つ)から選べます。これは基本的に好みですが、僕の場合は標準を選びます。斜めは少しチャラい(若い)イメージでしょうか。



フロントカット:


カッタウェイ、セミカッタウェイ、標準と選べます。スーツの形状を3つボタンだと、スタンダード。2つボタンだとセミカッタウェイがきれいに見えます。僕は3つボタンで貫録があるものが好きなので、ここは迷わず標準を選びます。



袖ボタン:


3ボタンか4ボタンで、ノーマル、キッシング、重ねが選べます。ここはもう4ボタンでキッシングがきれいですので、あまりこだわらない方は4ボタンキッシングにしましょう。



裏仕様:


総裏か背抜きで、ノーマル、本台場、ペンシル台場が選べます。夏用であれば背抜きですが、背抜きにすると長持ちしづらいです。もし営業周りで毎日汗まみれ。ではないのであれば、総裏で仕立ててほしいところです。本台場が一番きれいに仕上げられますね。




このように、そこまでこだわりないよ?と思えるぐらいの選択肢がオプションであります。

もしこだわりがなければ、私のオススメで仕立ててはいかがでしょうか。少し風格の出る、しっかりした仕立てができますよ!



また、費用は別にはなりますが、同じ生地でツーパンツやベストを選択することも可能です。

営業周りでいつもスーツがダメになるのはパンツだけ。という方であれば、ぜひツーパンツを。また、結婚式でも着たいと思っているスーツを仕立てる方であれば、ベストも注文してもいいかもしれません!






オーダースーツづくり④:パンツの細かい仕様を決める


はい。もちろんジャケットだけではありません。

パンツだって、いろいろ決めないといけないことがあります。
こちらも僕のおすすめも書いていきますね。

タック:


ノータック、1本アウトタック、1本インタック、2本アウトタック、2本インタックが選べます。若い方はノータック、30代であれば1本アウトタックですね。ノータックだとセンターくリース(スラックスの真ん中の線のこと)がすぐに消えやすいので、メンテナンスを考えても1本タックがいいと思います。



脇ポケット:


斜めと縦が選べます。斜めの方が使い勝手はいいですが、ここはかっこよく縦を選びましょう!基本は縦です。



裾口:


裾口は2016年頃から2018年現在もダブルが最も主流です。ダブルの40mmが私の一番のおすすめです。選択できないですが、他の店舗だと私は45mmを選びます。



ヒップポケット:


左ボタン止め、左ボタン止めフタ付き、左右ボタン止めが選べますが、これはもう一択。左ボタン止めです。



パンツはそこまで項目が多くないですが、それでもこれだけあります。
あまりこだわりがない方は、こちらも私に従っていただけるとものすごく素敵なものが出来上がると思います。



オーダースーツづくり⑤:細かなオプションを決めよう。

さっきもオプションだったよね!?と思う方。
まだまだありますよ。



ボタン:


ボタンの種類は本当に大量にありますが、天然水牛が一番いいです。あまりこだわりがなければ、派手なものにはせず、生地の色になじむものが無難です。



裏地:


裏地の色・柄も本当にたくさんあります。派手なものがいい!とものすごく目立つストライプやペイズリー柄を選びたくもなりますが、そんなの選んでしまったら、取引先でジャケットを脱ぐことになった瞬間に恥ずかしくてたまりません。あまりこだわりのない方は無難がいいです。

一般的にはえんじ色が一番おススメです。濃いグレーか、ダークベージュなどもいいですね。



ステッチ:


ラペルにステッチが入っているかどうかです。ステッチが入ったほうが長持ちしやすいので、ステッチは入れましょう。ミシンステッチだったら無料ですので、これで十分です。



袖ボタンホール色糸:


袖ボタンの一番手に近いところの色を変える手法が流行っています。オーダーの醍醐味でもありますので、入れてもいいかもしれません。私は少しチャラく見えるのが嫌で入れません。



ジャケットボタンホール色糸:


こちらも選べますが、まず選ばない方が無難でしょう。



衿穴ボタンホール色糸:


こちらは袖ボタンホール色糸を選択した方はそちらに合わせてもいいかもしれません。結構目立つので、あまりやらないことをお勧めします。

ジャケットオプション:


本開きというものが選べて、袖のボタンがちゃんと外せるようにするものです。正しいスーツの在り方はこの本開きです。こちらは本開きにして第一ボタンだけ外す楽しみ方もできるので、少し本格的なものにこだわりたい!という方はぜひ試してみて下さい。




これでオーダーの内容は終了です。
ここまでおススメがわかっていれば、間違えたオーダーはあまりないでしょう!






【オーダースーツ佐田】の口コミ


では、ここからが口コミです。
実際のところ、SADAの口コミはいかがなものでしょうか。



第二次世界大戦後に出来上がった老舗メーカーだけあって、生地もしっかりしている。自家製だから割安みたいですよ正直グローバル●タイルよりもこっちの方がいいですね。 by T.Mさん(32歳商社勤務)


選択できるオプションも多く、本格的なオーダースーツを作りたい私にはここが一番良かったです。ZOZOでは物足りないですよねー。 by Y.Fさん(28歳メーカー勤務)

webオーダーを利用しましたが、ラペルの幅が選択できなかったのは残念な部分。(もう少し太くしたかった)でも、生地や縫製はしっかりしているし、大きな商談のときにはやっぱりオーダーしたものがテンション上がるので、勝負スーツにしています。(27歳 コンサルティングファーム勤務)
フルオーダーで仕方がないと思いつつも、出来上がるまで1ヶ月は少し長い。これまで3着作りましたが、この出来上がるまでの時間が長いこと以外は大満足です。上司にも「君はいつもいいスーツを着ているね。」と良い評価を受けています。やっぱり見た目は重要。(31歳 百貨店勤務)



このように、口コミはものすごく良いものでした!
私もオーダースーツSADAで3着オーダーしていますが、これだけの低価格でこんなにも品質がいいのであれば、もう既製品なんて選ぶことができません。そもそも既製品で僕の身体にあうものは出会ったことがないですが笑

ぜひあなたもオーダースーツSADAで仕立ててみてはいかがでしょうか?